トップページ

e-Learningシステムにおける著作権

コンピュータ活用教育における著作権は,インターネットやコンピュータの急速な発達と普及に法整備が十分に追いついていないのが現状です.しかも,法整備の不備や曖昧さを補うような明確な判例も少ないことから,いわゆるグレーゾーンにあたる事例が非常に多いのも特徴です.
そのため,教育現場では従来の教育現場における著作権の例外を拡大解釈して適用している事例が少なくありません.また逆に著作権者の主張には,著作権上問題のない範囲まで過剰に違反を訴えている事例も見受けられます.

本ページでは,電子データをオンラインで配信するにあたってのガイドラインを示します.
ただし以下の解釈はあくまで現時点でのものであり,確定されたものでもないことにご留意ください.また今後法改正や判例によって変化する可能性があることについてもご了承ください.

教材のオンライン配信における簡単なガイドライン

  • 全ての素材を自分で1から作成した教材は,オンライン配信OK
  • 引用の範囲内での著作物使用は,おそらく問題なし
    • 自身で作成した内容の補足や参考資料として,他者の著作物の一部を引用
  • 引用の範囲を超えた著作物利用は,NG
    • 書籍の一章分,あるいは全部をまるまるスキャンしたPDFを掲載
  • 引用の範囲を超えた利用でも,「著作権所有者」の了解を得ていればOK
    • どういう形態の利用に対して了解を得たのかを明確にしておく
    • 「著作者」ではないことに注意.作成者が必ずしも著作権を有しているとは限らない.

オンラインに掲載した著作物の扱いについて

  • 岡山大学の提供する各種学習/教育支援システムを利用して利用者が作成・掲載したコンテンツについては,コンテンツの著作権は作成者本人に帰属する
    • 大学に著作権が帰属することはない
    • 何らかの理由で著作権を大学に帰属させる必要が出てきた場合は,個別対応となる
  • オンラインに掲載した著作物に関する責任は,基本的に掲載した本人が負う

よくある質問

教育現場では著作物の利用は問題ないんでしょ?

あくまで一定の条件を満たしている場合に限ります.教育現場であればどんな著作物の利用形態でも問題ないわけではありません.
これは,オンラインか否かは関係ありません.

例えばある書籍全部をスキャンした資料を授業で配布し,その資料を教科書がわりに授業で用いるのは,その著作権者から許可を得てない限り,電子ファイルか紙資料かに関わらず著作権侵害と判断される可能性が非常に高いです.

自分の著作物を大学のサービスに置いたら,大学のものになるの?

掲載コンテンツの著作権が大学に帰属するといった場合は,掲載コンテンツを大学のサービスとして外部に発信しようとする場合に該当すると思われます.

ただし現在岡山大学で提供しているICT活用教育関連のサービスでは,いずれも利用者が掲載したコンテンツについて大学が二次利用することは想定しておりません. つまり,掲載コンテンツを大学の名義で学外に発信しようという場合をのぞき,利用者が作成・掲載したコンテンツについて,大学に著作権が帰属するようなことはありません.著作物の取り扱いは,その作成者・掲載者が責任を持って行うことになります.

なんで「侵害である」と断定文じゃないの?

法整備が十分進んでいないことや,十分な数の判例が存在しないのが大きな理由です.
また,著作権上の問題はケースバイケースであることも多いです.例えば「引用の範囲であればOK」についても,その判断基準が法律上は明確に定義されていないため,その時々で対応するしかないのが現状です.

じゃあどうすればいいの?

少なくとも著作権が存在するのは,「著作権を有する者の利益を不当に害することがないようにする」という目的にあります.
そのため,「利益を不当に害する」事がないよう,教材中に著作物を利用する場合は配慮する,というのが現在の対応になります.

WebClassとかだと,配信可能なユーザを限定してるから大丈夫じゃないの?

法律上はそういうわけでもないようです.
オンライン配信=不特定多数,と解釈されてしまいかねないのが現在の法律で,ユーザ制限の有無による法律上の区別がありません.

なんで判例がないの?

(注:以下私見です)
学校教育における著作物利用で,著作権者側,利用者側どちら側も具体的な訴訟を起こしたことがないから,だと思われます.
著作権訴訟は,一度判例が作られると基本的にそれに沿う形になるため,例えば一旦最高裁で不利な判決が出てしまうと,滅多に覆らなくなってしまいます.そのため,判断が曖昧になりがちな著作権解釈で,むやみに訴訟を起こすことに双方慎重になっているのかもしれません.


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-03-20 (日) 12:09:14 (2381d)